江戸名物! 新撰組・近藤勇も大好物。たまごふわふわ めぐたまキッチン17

まずは、たまごふわふわの口上@めぐたまを。

「こちらはたまごふわふわという江戸時代のお料理です。
戯作者(ゲサクシャ)の井原西鶴や新選組の近藤勇が大好きだったそうで、弥次喜多の東海港中膝栗毛にも出てきます。
名古屋の少し手前の袋井の宿。今袋井ではこのたまごふわふわで町おこしをしています。
江戸時代にとても人気のあった料理でいろいろな料理書や読み物に出てきます。
古くは三代将軍の家光公がこれで天皇をもてなしたという記事もあります。
たまごはもともと滋養食で天皇をもてなすような高価なものだったのですが、江戸も終わりのほうになると庶民も食べるようになっていました。
(蓋を開ける)
中にお出汁が入っていますので、たまごをすくってお出汁をかけて召し上がってください。
器が熱いのでお気をつけてください!」

是非、見て、作ってくださいね。
チャンネル登録もよろしく!

配信(アーカイブもします)
11月22日(日)9:15
https://youtu.be/eKVzIqarVds