今度の展覧会では、いろいろと新しいことをやろうと思っている。
そのひとつが『ときもどき』。

このネーミングからお分かりと思うが、これは、『ときたま』のもじり。
『TOKIのことば』を友人のはるみが転がしてくれた。

どんな風にかって?
例えば、「記憶力がないので何度でも楽しめる」→「記憶力があるので何度でも悲しめる」とか「本番回数」→「本番回避」とかね。

こんな、『TOKIのことば』とKOTOBAころがしが600個載っているのが『ときもどき』。
おもしろそうでしょ。
ブックデザインはミルキィ・イソベさんに頼んだから、可愛いのができますよ。
フフフ。
乞うご期待!

新書判の本になる予定。
会場で販売するので、見に来てくださいね。
笑えることうけあい!