鎌鼬の里日記8 鎌鼬の里芸術祭2日目の午後

2018年9月23日の続き

16時から、田代の行事食の時間です。
ここで、進行役をやります。
午後はそのための準備の合間に舞台を見ます。

一つ目、伝統芸能 本海獅子舞番楽/八木山講中
二つ目、ダンスと邦楽ライブ /加藤千明、UNIX,海外ワークショップ生。津軽三味線 澤田邦弦
三つ目「東北の写真学 写真か集まれ!」/飯沢耕太郎、森繁哉

だけど、ほとんど見られず。

8864

ダンスの隣で、お餅の準備が着々進みます。

IMG_5891

IMG_5890

行事のために作られたお餅を再現するために、まず、お餅をつきます。
さすが、年季ものの臼と杵。
臼は松だそうです。
準備も、つくのも、合いの手も手慣れたものです。

IMG_5893
これは厄除けの神へのお供え。
餅粉をつける前、臼から直接お餅を小さく丸める。
もちが入っている器は、藁で、米俵の蓋を編んできていただいた。

IMG_5894
つきあがった餅から、お正月の三段になった重ね餅や、藁につけるまゆ玉などを次々に作る田代ウイメン。
さすがに手際がいい。

8784
無事に、行事食のお餅の展示が完成。
神棚の前に並べてみました。
三宝など器も持ってきていただいたので、雰囲気が出てます。

16時から、田代の行事食の時間。

8779
斉藤絹子さんに餅を中心に行事食の話を伺う。

S__8011782
餅つきの実演。
ワークショップの参加者も、生まれて初めての餅つきを楽しむ。

8771

8772
田代ウイメンズの餅作りのデモンストレーション。

8776
私も教わってやってみる。
なかなかうまく丸くならない。
「やってれば、だんだんうまくなるわよ」と励まされて、幾つもチャレンジ。
つまみ食いすると、柔らかくてコシがあって美味しい!

8773
藁に餅をつけて、干して作るまゆ玉。
ちぎった餅を藁につけるのだが、どうも要領が悪い。
どうにか、まゆ玉もどきが完成。
数日置いて硬くなったら、干すそうだ。

8769

ワークショップ終了。
面白い話も聞けたし、実際にお餅も作れたし、有意義な時間でした。
田代ウイメンズとのおしゃべりも楽しい!
次のチャンスには、多くの人に参加してもらえるように工夫したいな。
本当にお世話になりました。
ありがとう!

8770
大団円踊れや踊れ!/上杉満代 演奏:森繁哉、澤田邦弦
そして、最後のプログラムも終了。
みんなで、記念写真を撮りました。

展示の搬出も終え、この日はちょっと離れた「みはらし荘」に宿泊。

Share on Facebook

Posted: 日曜日, 9月 30th, 2018 @ 4:50 PM
Categories: 展覧会情報, 鎌鼬の里芸術祭.
Tags: , .
Subscribe to the comments feed if you like. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.