鎌鼬の里日記3 重文の鈴木家でダンス観賞。

2018年9月20日の続きです。

IMG_5751
そして夜は鈴木家で、ワークショップの参加者によるダンスを見に行きました。

ちゃんと夜は暗い。
ローソンが目の前にできた恵比寿のうちは、不夜城の青白い明かりに照らされ続けている。あーー、いつもそういう環境にいると、暗いだけで、感動。
ちゃんと日が暮れていく。

鈴木家は源義経の郎党、鈴木三郎重家を祖として、800年以上の歴史を有している。
東北の鈴木姓はこの鈴木家が発祥だそうだ。

10675620_542860995860385_5455411177230158253_n
これが鈴木家。
17世紀後半の建物。
夜だったので、写真撮れなかったので、鈴木家のFBから拝借しました。
以下、鈴木家について詳しく書かれているので読んでみて。
http://www.suzukike46daime.jp/iven.html

IMG_5756

IMG_5760

天井のない作り。
天井裏が綺麗!

IMG_5776

IMG_5754

IMG_5755

IMG_5752

私が感動したのは、重要文化財の建物の中に46代目の鈴木杢之助さんが普通に暮らしているところ。
これがいいんだな。
今暮らしに必要なものが、ここかしこに置いてある。
仏壇には線香があった。
重文の中に、火の気がある、うーーん暮らしているっていうのはそういうことだ。

IMG_5775
代々の名札が並ぶ。

IMG_5761

IMG_5762

IMG_5764

IMG_5768

IMG_5769

IMG_5770

IMG_5772

IMG_5773

IMG_5774

参加者による様々なダンス。(ワークショップの参加者は彼ら以外にもいます)
バラエティに富んでて楽しかったです。
それにしても重文の建物は、どんなダンスの舞台としてもマッチします。

Share on Facebook

Posted: 日曜日, 9月 30th, 2018 @ 4:11 PM
Categories: 展覧会情報, 鎌鼬の里芸術祭.
Tags: , , .
Subscribe to the comments feed if you like. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.